【超単純】レインボーシックスシージで「遊撃」のコツ

FPS

シージをやっているうえで
「ここ裏どり出来たら勝てたな」
「味方が籠るタイプだから遊撃行かないと」
「誰もエントリーしてないから自分がエントリーしないと」

 


苦手だけど自分がやるしかない場面に出会ったらどうしていますか?
なんとなくやって倒せたらラッキー、もしくは苦手だからやらない

 


こういった動き回る立ち回りというのは、人一倍考えながらやらないと
うまくいきませんがこの記事で紹介する事を意識すると
確実に上手くなると思います。

 


これらをうまくやるコツは、ズバリ!
「仮説を持つこと」
これが大事になってきます。

 

「仮説を持つこと」の重要性

ただの失敗で終わらない

自分の中で仮説を持つことで明確な目的意識のもとで動き
その仮説がもし間違っていたとしても次、仮説を持って動くときに
前の経験を活かし意味のある失敗になるということです。

 


具体例として
「裏どりをしようとして裏どり警戒していた敵にやられてしまった」
こう言った場合敵の裏を取るタイミングが早すぎたため裏どりを失敗したので
次は前回の失敗を生かしてタイミングを見て裏どりをする。
など失敗しても何が悪かったかを考えることで次につながる失敗になるという事です。

 


また仮説を立てる段階で間違っている仮説を立てても問題ありません
そもそも最初から正しい仮説を立てる事なんて不可能に近いです。

 


ここで言いたいのは、間違ってもよいので仮説を立て
その間違った仮説を軸に次の仮説を立てる糧にしてほしいのです。

 

改善しやすい

もし自分の立てた仮説が間違っていたとしても問題ありません
何故なら「改善」すればいいからです。

 


改善というのは、自分が建てた仮説の間違いを修正することです。
「遊撃ダメだったから遊撃やめよう」は、改善ではありません。

 


ここで言う改善は、相手の動きや配置、自分の集中する場面を改善
する事です。

 


なので「ここに居るのはわからなかった」「ここで見られてるのかー」
など自分の仮説と違う場所を改善すること

 


カンタンに言うと「地図を持たずに宝探ししている状態」「地図を持って宝探しをしている状態」
どちらの方が効率的か?という事です。

 

仮説を立てる上でのポイント

①明確に仮説を立てる事

明確に仮説を立てる事で動きに無駄が無くなり、裏どりや途中上りの場合、現地がつぶれる前に戦う事が理想です

 


ですが仮説も何もなければ様々な敵がいそうな場所をいちいちクリアニングしていかないといけませんが
仮説を明確に立てることができれば
敵の人数や場所、配置などを予想し戦う事でスムーズに戦いが進める事が出来るので

 


仮説を立てその仮説をもとに動けるので心配事が少なくなるので
仮説を立てる際はなるべく明確な仮説を立てる事でその分動きもスムーズになります。

 

②情報に敏感に

仮説を立てる上で最も大事になることです。
仮説を立てる前に情報を頭の中で整理し敵の位置や人数をある程度把握して仮説を立てること

 


また遊撃でもどこから入るのか、カメラはあるのかなど
情報をもとに仮説を立てる
仮説を立てたうえで情報を入れ仮説を変化する。

 

③仮説を立てたら「かもしれない」は切り捨てよ

仮説を立ててもその仮説が100%正確とは限りません

 


具体例として
・仮説を立てたけど敵がいるかもしれないから丁寧にクリアニングしながら行く
・A攻めだと思うけどB攻めかもしれないからBを警戒する

 


これも間違ってはいませんが、ですが自分の仮説を信じなければ仮説を立てた意味がありません
なので仮説を立て行動に移している時は「かもしれない」は、捨てましょう。

 

仮説を持つ事のコツ3ステップ

①情報を入れる

 


②頭の中である程度の状況を理解する

 


③状況を頭の中でまとめ、行動し新たに入ってくる情報を整理し仮説を変化させる

 

まとめ

最後に仮説を立てるできると自由な動きができ遊撃からリテイクまで本質的に上達するかと思います。

 


またこの「仮説を持つ」ことができないと
「地図を持たずに宝探ししている状態」だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました