【勝率爆上がり】FPSで勝てないときの思考法のコツ

FPS

FPSで負けているとき負けた原因を考えたりしていますか?
負けて「あー敵強かった」で終わらせていませんか?
逆に勝っているときは、気が楽になってどうでもいいことを考えたりしていませんか?

 

正直ダメダメです。
今回紹介する思考法をマスターする事で勝てない時でもなんとかなるようになります。

 


結果から言います。
「勝因&敗因を理解する」です。

 


勝っているとき負けているときの思考法を理解すると、これからの試合の運びがスムーズになり勝っている時でも学ぶ事が出来るので是非覚えて損はありません。

勝っているとき、負けているときの考え方

・負けている時

あなたは、負けている時や、既に負けてしまった時
どんな思考をいつもしていますか?

 

「敵強かった-」
「実力が違い過ぎる」
「こんな奴らには絶対勝てない」
そんな思考をしていませんか?

 

これらの思考は、本当に危険です。
何故かというと、一度「無理かもしれない」と考えると
その思考は脳にとって「否定」として作用し
思考力」「記憶力」が低下してしまうんです。

 


FPSで思考力、記憶力の低下は、もはや絶対勝てなくなるといっても過言ではありません。

 


例えば
「無理でしょ」と思考してる人は、既に思考停止してる状態で
何も対策を講じることのできない自分を守ろうしているだけなのです。

 

そもそも「無理だ」「できない」と言う事は、小学生でもできる事です。
なので「何故難しいのかを考えて、その対策を立てること」を意識しましょう。

 


この意識ができるようになると常に改善できないか、できることがあったのではないか?
という思考法になり、「無理だ」と考える余裕すらなくなり、上達のスピードが上がり
ゲーム以外でも使える思考法なので是非使ってみてください

・勝っている時

勝っている時あなたは、どんなことを考えてますか?
「敵弱かったな」
「ぎりぎりで勝てて良かった」
こんな感じじゃないですか?

 


勝っている時も改善をするべきです。
具体的に何をするべきかというと
敵の敗因を読むこと
と敵の敗因を考え自分だったらどうするのかを考えるべきです。

 


敵の敗因を考える事によって自分たちのやっていた戦術の「穴」を見つけることができ
また自分が負けている状況でどうすればいいのか、という対策を練る練習にもなるからです。

 


とはいえ勝った時にそんなことを考えるのは、だるいですよね
人間は、誰しも楽なことを選ぶ生き物ですが
楽なことを選んでばかりでは成長しません。

 


他がめんどくさいと思う事を率先してやる事で他とは違う突き抜けた能力が身につくと思って
是非勝った時でも思考し経験値をためていただけると嬉しいです。

まとめ

勝っている時は、基本的に気が緩みがちですが口に出さなくてもよいので
「自分なら」と考えるようにしましょう。

 


負けている時は、絶対に「無理」「勝てない」と思わない&言わないことです。
「無理」「勝てない」と思うとそれが思考停止の状態になり、勝てないが現実になります。

 


一言で言うと「勝てないと思ったらその時点で負けが決定してしまっていると同じ」
なので「どう攻めようか」「どこを変えたほうがいいのか」を常に考えながらプレイしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました