FPSでラグい人と当たった時に圧倒的に撃ち勝てるカンタンな裏ワザ

FPS

FPSで「こいつラグい」と思った経験ありませんか?
そういう時って大体、理不尽な殺され方をされることが多いですよね

 


でもラグい人と当たった時どう対処していいかわからない
そう言った方のためにこの記事ではラグいと当たった時にどう対処すれば勝てるのかを紹介します。

 


結論から言います。
「飛び出し有利」

 


飛び出し有利ってなに?と疑問に思う方がほとんどだと思います。
なので飛び出し有利の理由を解説をしていきます

「ラグい」とは

語源は英語の「Lag=遅れ」から来ており主に回線状態が悪い状態の人をラグいと言ったりします。

 


どうしてラグい人が存在するのかと言うと元々回線が遅い場合や無線でゲームをやっているなど
ラグい原因は様々でなかなか改善できない問題がほとんどだと思います。

 


またラグい状態になるとゲームプレイの中でキャラクターにズレが発生するので
理不尽なやられ方をされるケースが多いです。

ラグい人との戦い方

相手がラグい時

戦っている時に相手がラグいと理不尽に撃ち負けたり弾が当たらない事が良くあります
そんなときの対処法は、「相手より先に飛び出す」

 


なぜ相手より先に飛び出すのか
理由として
まずなぜ理不尽な勝負になるのか?結論から言うと「キャラクターにズレが発生している」からなんです。

 


本来見えているキャラクターと実際に存在している当たり判定がズレているから理不尽な勝負になるという事なんです。

 


とはいえ回線が悪い人は最強なのか?という疑問が出てくると思います。
答えとして
相手がラグくて弾が当たらない時は、基本的に相手も弾は当たっていないし、
お互いに見えていない場所から打ち込まれているんです。

 


先ほども言った通り
ですがラグい人はキャラクターにズレを生み出すことができるんです。

 


ラグい人というのは、基本的に遅れてゲームに反映されるんです。
例えると
ラグい人が飛び出したとしたらそのプレイヤーの視点は、先に描写され
一方的に撃てるのですが
本体の方は、遅れて描写される、つまり「飛び出して撃たれた」という結果が後から付いてくる。

 


簡単に言うと「飛び出すと幽体離脱してる」ようなものですね(図1)

 


ですがこの状態は相手も同じなので相手にラグい人が居るとわかれば飛び出して
撃ち合う事を意識すれば理不尽な戦い方がこちらからできます。

 


逆に言うとラグい人が居る試合で待ちの戦い方をすることは、超不利なのでなるべくやめましょう

 

自分がラグい時

回線の問題は人によって解決できない場合があります。
なので回線が悪い人は、回線が悪い戦い方があるので自分なりの戦い方で勝負しましょう。

 


回線が悪い人の戦い方は、ズバリ「飛び出し有利」
「相手がラグい時」で飛び出し有利の理論は説明しましたのでもし読んでいない場合は、
もう一度読んでください。

 


回線が悪い人は、この飛び出し有利を理解していないと
スランプに陥ることが多くなると思います。

 


理由として負けている時というのは、自信を失い待ちをすることが多くなるからです。

 


ですがこの自分の回線をしっかり理解し飛び出し有利を知っているなら
安定して戦えるかと思います。

 

まとめ

回線が悪い人との戦い方を書かせていただきましたが
回線に関しては、本人が改善することができない場合があるので
回線が悪い人にキツく当たることは、なるべくやめてあげてください。

 


またラグい人との戦い方は、相手に先に飛び出されては、なかなか勝ち目がないので
ラグい人が居るとわかった試合では、先に勝負する
逆にラグい人が居ると待ちは、弱いのでやめておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました