ゲームを一緒にやる人間と性格が合わない時の対処法

人間関係

フレンドと一緒にゲームをやっていて「この人と性格合わないな」
自分の求めている答えと相手の話している内容に差がある
こんな経験ありませんか?
私も「この人とは、性格合わないな」といった人とたくさん出会いましたが
今から紹介するマインドを理解すると「性格合わない人ともうまく接することでが来ました」
結論から言います。
【ソーシャルスタイル理論】
この理論を理解すると色々な人間のタイプもうまく接することができます。

ソーシャルスタイル理論とは?


ソーシャルスタイルとは、1968年にアメリカの産業心理学者であるデビッド・メリル氏が提唱したコミュニケーションの理論です。人の言動を4つのスタイルに分けて分析し、相手が望ましいと感じる対応を探し、選択する方法として活用されています。人の言動を単純に4つに分けることはできませんが、大まかな方向性としていずれかのスタイルに分類されるといわれています。
簡単に言うと人のタイプを4つのスタイルで分析し適切な
対応をすれば人間関係が楽になる方法です。

また人間のタイプに合わせて
「その人が嫌がる行動、言動を避けられる」のでぜひ頭に入れておいてください

ドライビングタイプ


自己主張が強くて感情が表に出さないタイプです。
このタイプに属する人は、「リーダー気質」「合理主義者」です
性格の特徴として
・勝負好き
・指示が嫌い
・自分の事は自分で決める
・口癖は、「結論から言うと」

このタイプは、コミュニケーションにおいて「最もめんどくさいタイプです」
話をしている時でも論理が通っていないとイライラしてしまい
話をする時は、正解を求めている人です。
しかも批判的心も動かないタイプのひとです。

ドライビングタイプが相手にされて嫌な事
・結論から言わない
・一方的に話される
・優柔不断で決めない
・細かく確認をする
・過剰に褒める

ドライビングタイプは、常に自分が100%納得していないと動けないので
どうしようもないから自分の意見をハッキリ言ってしまうんです。
「言うしかないから言うか~」って感じなんですよ

とはいえドライビングタイプは、自分が100%納得したら自分からグイグイ行動するので
ドライビングタイプと接するコツは、
いかに100%納得してもらえるかがうまく付き合うコツです。

エクスプレッシブタイプ


自己主張が強く、感情を表に出すタイプです。
いわゆる盛り上げ役おしゃべりタイプです。
性格の特徴として
・楽観的
・おしゃべりが好き
・衝動的にすぐにやってしまう

このエクスプレッシブタイプは、
とにかくムードメーカーなので多少注意されてもへこみません

エクスプレッシブタイプが相手にされて嫌な事
・行動を押さえつける
・一貫性を求める
・データを見せ続けて論理だけで説明する
・空気を読む

自分の感情を起点になんでも衝動的に行動するので
口より体が先に動くタイプと理解してください
一貫性を求めてはダメです。その場のノリですべて決まてしまいます。
なのでドライビングタイプとは、相性が悪いです。
ゲームの大事な場面なんかで重要な時に一人でおしゃべりをして
ドライビングタイプをイライラさせます。

ですが、チームに1人は欲しいムードメーカーで居るだけでその場が明るくなります。
なのでエクスプレッシブタイプは、そういう人なのだと目をつぶってあげましょう。
ちょっと元気過ぎると思ったときは、抑えてあげましょう
そうすることで、エクスプレッシブタイプは、自分の良い所を生かすことができるんです。

エミアブルタイプ


自己主張が弱く感情が表に出るタイプです。
とにかくいい人です。人と揉めることはほとんどありません
性格の特徴として
・穏やか
・周りに常に合わせる
・人からお願いされる
・すぐに謝る

エミアブルタイプの人は、本当に穏やかでいい人なんですが
その分だけ弱点もあるんです

エミアブルタイプがされて嫌な事
・自分の意見を求められること
・素早い決断を求められること
・一部の人だけ仲良くする事
・反対意見を言う事

エミアブルタイプは、誰に対しても共感力が強く自己主張もないので
ついつい意見を相手に合わせてしまうんです。
ですがエミアブルタイプの人は、相手に合わせているという感覚もないんです。
相手の意見がそのまま自分の意見なんです
その結果、八方美人になってしまい嫌われる事があります。
「あなたは、どうしたいんだ?」と強く求めると考え込んで黙ってしまいます。
でも全く意見がないわけではないんです。
自分なりの考えが出せるように「一緒になって考えてあげましょう!」

ハッキリ言うとエミアブルタイプ傾向の強い人は、リーダーには向いていません
みんなの意見を尊重しすぎて決断できないリーダーになってしまうからです。
ですがエミアブルタイプは、共感力が強く他人の強みに気づいてあげることができます。
「こんなことができるのは、すごいね」と言って勇気づけてくれます。

アナリティカルタイプ


自己主張が弱く、感情が表に出にくいタイプです。
コツコツと真面目な分析家です。
性格の特徴としては、
・じっくり考えるマイペース
・何かをするのに時間がかかる
・職人気質
・一人作業が好き
・口数が少ない

アナリティカルタイプは、分析家で物事を客観的に見る事が得意なんです。

アナリティカルタイプがされて嫌な事
・前例やデータなく納得を求める事
・1人で考える時間を作らない事

集中して何か作業をしている時はそっとしておいてあげましょう
アナリティカルタイプは、納得するのに時間がかかるタイプなんです。
瞬間的な判断を求められることが苦手で、できなくはないけど強みを生かせません。

アナリティカルタイプが苦手なことは、「人の力を借りようとしない」
全部自分で考えて「なんとかしよう」として無理をしてしまいます。

ソーシャルスタイルを使いこなす

自分や相手がどのタイプに属するのかは、
自己主張が強いか、感情が表に出やすいかで判断できます。
相手の事が良く知らない場合であるなら
「感情が表に出るタイプですか?」
「自分の考えと周りの考えどちらを大事にしますか?」
と聞いてみてください。

もしこの4つのタイプのうちどれにも当てはまらないという人は、バランスタイプです。
その場に応じて臨機応変に変えていくことができます。
またすべての人が4つのタイプにぴったりと当てはまるわけではないので
あくまで参考として考えておいてください。

まとめ

ゲームの人間関係についてソーシャルスタイル理論で考えると
自分以外の人がどのタイプに当てはまるのかを知ると
相手への接し方や考え方の対応がしやすくなり
自分自身も楽になるので是非ソーシャルスタイル理論を覚えておいてください。
またソーシャルスタイル理論は、絶対に4つのうちに当てはまるという事は、ないので
臨機応変に考えると言いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました