FPSで反射神経が衰え年齢によってFPSは弱くなるのか?【経験で補う】

上達論

FPSを長く続けているが年齢による反射神経の衰えが気になる

反射神経が衰えたからFPSをやめようという方もいらっしゃると思います
なのでFPSにおける反射神経の衰えを気にしなくなるマインドを紹介します

 


結論から言うと
年齢に対して反射神経は衰えるが問題ではない

 


なぜ問題ではないのかをこれから解説していきます。

反射神経は10代から20代後半がピーク

FPSをやる上で反射神経は、重要なスキルの一つです

 


その反射神経の衰え一般的に
男性では30歳
女性では35歳
で衰え始めると言われています

 


ですがFPSの世界では10代から20代後半くらいがピークと言われています。
また現役プロの選手でも20代後半までのイメージが強くあります
あくまでプロとして活躍できるピークが20代後半までであって
30代の人でも上手い人は大勢いるのであまり気にする問題ではないと覚えておいてください。

DeToNator:stylishnoob:30歳
DeToNator:SPYGEA:31歳
HONORIS:NEO:33歳(現役プロ)

反射神経が衰えると弱くなる?

FPSで反射神経が20代後半で衰え始めるという事を話しましたが
とはいえ30代でも強いプレイヤーは多く存在します

 


そういった人たちはどうやって強くなっているのか?もしくはどうやって強さを維持しているのか?
それは「経験で反射神経を補う」という事をやっているんです

 


想像してみてください
半年くらしかFPSをやっていない中学生と
10年FPSを続けている30代の人
どちらが強いですか?

 


私は30代の人の方が圧倒的に強いと思います。
理由として
FPSというのは反射神経は、大きな問題ではないんです。

 


FPSが強いという事は「相手を読む力」が優れている人が強いと思うので
反射神経が少し衰えたくらいでは膨大なFPSの経験を超えられないので
反射神経が衰えたから弱くなるという考えは、間違っています。

 


そしてFPSにおいての反射神経を必要とする場面というのは
予想外の事が起きたときに反応する場面などで反射神経を使いますが
とはいえ予想外の事を経験で補う事は可能で経験が豊富であればあるほど反射神経を必要としないと考えます。

FPSは最強の反射神経を鍛えるトレーニング

反射神経がFPSの全てではない事を語りましたが
とはいえ反射神経は重要なスキルです。

 


そして反射神経を鍛える方法はいくつかあります

・ボクシング
・ダンス
・スマホゲームで鍛える


などがありますが正直だるいですよね。

 


なのでこの記事を見ているあなたなら超簡単にストレスがなく継続的に
反射神経を鍛える方法があります。

 


「FPSをプレイする事」

 


FPSをプレイするという事は、ほんの一瞬の差で勝敗が左右されてしまいます。
そして相手の位置を一瞬で見分けそこにエイムする
相手の動きにいかに早く反応するかという反射神経がどうしても必要になってきます。

 


つまりFPSで反射神経を気にしているのであればFPSをプレイする事が最も効果的だという事です。
なのでFPSをやっているあなたは、周りの同年代より明らかに反射神経があり
反射神経は確実にある存在なので是非FPSを継続してください!

まとめ

反射神経のピークは10代から20代後半までですが、
反射神経が衰えたところでFPSに対しての経験がある人は
反射神経の衰えを経験でカバーできるので
反射神経が全てでは、無いという事を理解してください
また反射神経を鍛える方法がいくつかありますが
FPSをプレイする事が自然に反射神経を鍛える方法に繋がっているので
FPSを続けて反射神経を鍛えてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました