【直せば上手くなります】FPSで知らずにやっている撃ち合いに弱くなる行動3選

FPS

自分の練習法や立ち回りが正解なのかわからない

そんな方のために今回は、FPSでほとんどの人が知らずにやってしまっている撃ち合いに弱くなる行動を紹介します。

 


今回紹介する事は、多くの人がやってしまっている撃ち合いに弱くなる方法なので
自分自身に当てはまっていないかをチェックし
もし当てはまっているなら今すぐ直してください今回紹介している事はすぐに改善できることなので
カンタンに解決し今すぐにでも撃ち合いに強くなれるでしょう。

長時間の準備練習

試合を始める前に射撃演習場やBOT撃ちなどでエイムを温めることをしている人は多いと思います。
試合前に練習することは試合中にエイムを安定させるためにとても有効な手段です。

 


ですが試合前の準備練習を長時間する事は逆に試合中のエイムを低下させる場合があります。

 


理由として
試合前に1~2時間準備練習をして準備万端の気分で試合に行くと
練習に時間を割きすぎて試合中に集中力が途切れてしまい
逆に試合中にエイムが乱れる、立ち回りを考える集中力がなくなる場合があります。

 


つまり
準備で集中力を使い果たして試合中で集中力が途切れてしまうという事です。

 


ではなぜ長時間の練習が集中力を削るのか
人間の本能として集中力が続かないようにできているからなんです。

 


野生動物が1つの事に集中していると天敵が来ても対応できずに襲われてしまいます。
なので自分の身を守るために注意力散漫になるようプログラムされているので
人間の集中力は30分~2時間が限界です。

 


その時間を全て練習に使い、いざ本番の時にちょうど集中力が切れて良くない結果が残ってしまう可能性があるので長すぎる準備練習は、やめましょう。

 


では集中力が切れてしまったら終わりなのかと言うともちろん解決策もあります。

 


今回は一番簡単ですぐに効果のある集中力を持続させる方法を紹介します。

・立ち上がる
・立ち上がり伸びをする
・少し歩く

ではなぜこれらの行動が集中力を持続させるのか

 


理由として
1つの事の集中しているタイミングで立ち上がるなどをする事によって
脳へ新しい刺激が加わり集中力を持続させる効果があります。
またコツとして
15分おきに立ち上がるなどをするとより効果が得られるでしょう。

感度を変える

感度に違和感を感じ感度をコロコロと変えてしまうなんてしてないですよね?

 


昔の私は、そうでした。日ごとに感度を変え違和感を覚えまた感度を変える。
もう少し感度を早くしたい、逆に感度が高すぎるから落としてみる
そういった考えは絶対に撃ち合いに弱くなる行動なのでやめましょう!

 


理由として
エイム力というのは感覚です。ジョイスティックやマウスをどこまで動かせばゲーム内でどれくらい動くのかを把握し感覚で敵に合わせる事が撃ち合いに強くなることです。
ですが感度をころころ変えるという事は、その感覚を自ら乱し0からエイム力を鍛えると言っても過言ではありません。

 


例えると
腕に重りを付けていると段々重さに慣れてきますが急に重りを外すと腕の感覚が分からなくなり軽いものでも力を入れて持ち上げてしまいます。
エイム力も同じで感度を変えることは覚えた感覚を忘れ、違和感のあるまま0からのスタートで慣れるまでに時間がかかります。

 


なので感度をコロコロ変えることは絶対にやめましょう。

 


とはいえ感度を変えることがダメなら一生感度を変えられないのか?と思うと思います。
感度をコロコロ変える事は、良くないですが一定期間を置いてからどうしても感度を変えたいなら感度を変えると良いです。

 


理由として
一定期間1つの感度でプレイすることである程度感覚がつかめ、それでも感覚が合わないと思う理由があるはずなのでその場合は、変えたほうがいいと思います。

 


例えば
自分にはもう少し感度を上げたほうがスムーズに動ける
感度を下げたほうが敵に合わせやすい
など理由がある上で感度を変える事は良いことです。

 


では、一定期間とは具体的にどれくらいなのか?
目安として「最低1か月」は感度を変えないことをおすすめします。

 


1か月くらいプレイしないと感覚が身に付かないので
1か月プレイし感覚が身に付いてそれでも感度を変えたいなら変えることをおすすめします。

弱気になる

FPSをやっていて撃ち勝てないとどうしても弱気になってしまいますよね
ですが弱気になること自体が撃ち合いを弱くしてしまっているんです。

 


理由として
撃ち勝てず弱気になってしまうと撃ち合いが苦手になってしまい戦いをなるべく避ける立ち回りになり
撃ち合いが苦手から撃ち合いをしないようになります。
そして撃ち合う事をなるべく避け苦手意識を克服できない状況になるんです。

 


つまり
撃ち合いに勝てない→撃ち合いが苦手→撃ち合いができない
に変わってしまうんです。

 


つまり
撃ち合いに負けた原因を考えるより撃ち合いに逃げることが優先になってしまい
考える事から逃げてしまうので弱気になることは絶対にやめましょう。

 


また弱気になることについては、別記事で詳しく解説しているので良ければ合わせて見てください。

まとめ

FPSで知らずにやっている撃ち合いに弱くなる行動として
長時間のアップをしている事です。多くの人がやっているのではないでしょうか?
私もその一人でしたが集中力がもったいないのでアップは長くても30分くらいにとどめましょう。

 


感度を変える事も撃ち合いに弱くなる原因なのでやめましょう。
感度とは感覚の様なものでその感覚を培うのに時間がかかり感覚を変えるとまた0からのスタートなので
感度をコロコロ変える事は、やめましょう。

 


弱気になることも撃ち合いに弱くなる行動です。
弱気になると撃ち合いが苦手になり、撃ち合えないにかわるので弱気になることは、なるべく避けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました