APEXでエンジンエラーを直す方法:CPU使用率が異常に高い方必見

FPS

色々な方法を試してもエンジンエラーが治らない

APEXをやっているとエンジンエラーが出てきてまともに遊べない。
解決方法をいろいろ試したけどあまり効果がなかった。

 


そんな方のために今回はエンジンエラーを直せた自分なりの解決方法を紹介します。

注意本記事で確実に治るという保証はありません
あくまで私は今回紹介する方法で治っただけなのでご理解ください。

自分のPCスペック

CPU
GPU
メモリ

IntelCore i7-9700
NVIDIA GeForce 2070
8G × 2

自分の症状は
Engine Error 0x887A0005 – DXGI_ERROR_DEVICE_REMOVED
Engine Error 0x887A0006 – DXGI_ERROR_DEVICE_HUNG
でした。

前提:まずはカンタン方法から

エンジンエラーを直すために様々な方法がありますが
まずは手軽な対処法でエンジンエラーが治る可能性があるのでまずは簡単な方法から紹介します。

OriginからAPEXを修復

エンジンエラーが出る場合の対処法として どのサイトでも「OriginからAPEXを修復しましょう」と紹介されています。
なのでOriginからAPEXを修復していない人はまずはこれをしてエンジンエラーを吐くかどうかを確認しましょう。

Originランチャーを開きゲームライブラリから歯車マークにカーソルを合わせる
修復が出てくるのでクリックで完了

オリジンランチャーを管理者として実行

オリジンランチャーを起動しているなら一度終了してしてオリジンランチャーのショートカットから
管理者として実行をするとエンジンエラーが治るという記事を目にしたので一度試してみる事をおすすめします。

Originランチャーのショートカットを右クリックで管理者として実行

グラフィックドライバのバージョンを下げる

個人的に最も効果があった解決方法でしたが自分の遊んでいるゲームタイトルがAPEX以外にタルコフというゲームも遊んでおり
タルコフの方で古いドライバだとゲームから弾かれるようになったのでゲームタイトルによっては
ドライバを最新にしないといけない場合もあるので注意してください。
なのでゲームはAPEXしかやらないという方はグラフィックドライバをダウングレードする事をおすすめします。
実際に私もドライバのバージョンを下げたときはAPEXでエンジンエラーを吐かなくなったので
効果がある方法です。
なのでグラフィックドライバのバージョンを下げるなら情報科学屋さんを目指す人のメモさんのこちらの記事を参考になるのでみてください。

本題:CPUクーラーを変えるとエンジンエラーが治りました

CPUクーラーを変える事でEngine Error 0x887A0005が治りました。

APEXをプレイ中にCPU使用率が高すぎないかをチェック

本記事でエンジンエラーが治る可能性が高い方の特徴としてAPEXをプレイ中にCPU使用率が異常に高い方です。

 


私の症状としてAPEXをプレイ中のCPU使用率がタスクマネージャーで確認すると100%になる事が多く
設定で低負荷の状態に変えてもCPU使用率が100%でした(他のゲームでは一切そのような症状がありませんでした)。

 


そして何故ここまでCPU使用率が高いのか調べた結果、CPUクーラーの性能が低いとCPU使用率が上がってしまうという記事を見つけ
自分のPCの中身を見てみたところCPUクーラーが小さく「これが原因かな?」と
エンジンエラーが治る治らない関係なく普通にPCの性能が上がればいいなと軽い気持ちでアマゾンでポチってしまいました。

 


CPUクーラーを交換してみたところAPEXのエンジンエラーが吐かなくなり
CPU使用率がAPEXをプレイ中で80~100%だったのがCPUクーラー交換後で40~70%まで落ちたので
APEXでエンジンエラーを吐いてしまい対処法が分からないという方はAPEXプレイ中にCPU使用率が高すぎないかをチェックしてみてください。

APEXのゲーム内設定を見直す

APEXのCPU使用率を下げる方法として設定を下げる事でCPU使用率を下げることができます。
参考までに私のゲーム内設定を公開しておきます。

おすすめCPUクーラー

CPUクーラーを交換することでエンジンエラーを吐かなくなる可能性が高く
またパソコンの寿命を延ばすことができるのでパソコンを買ってからCPUクーラーを変えていないという方は是非CPUクーラーを交換する事をおすすめします。

 


では実際にどんなCPUクーラーを取り付ければ良いのか?
結論から言うと「虎徹 Mark II」がおすすめです。

 


なぜ虎徹 Mark IIがおすすめなのか?
理由としてCPUクーラーをいろいろ調べていると「とりあえず虎徹 Mark IIなら安心」くらいの信頼性があり
ネットのレビューが高くアマゾンのCPUクーラーでベストセラー1位になっているので間違いない商品だと感じます。

 


実際私も「虎徹 Mark II」に交換しましたが以前と比べCPU使用率も下がり
ファンの音も静かになりAPEXもエンジンエラー吐かなくなったので満足しています。
また取り付けも比較的カンタンだったのでこだわりが無ければ私は「虎徹 Mark II」をおすすめします。

created by Rinker
サイズ
¥3,864 (2021/06/20 16:05:18時点 Amazon調べ-詳細)

グラフィックボードの設定を変える

グラフィックボードの設定を変更する事でEngine Error 0x887A0006 – DXGI_ERROR_DEVICE_HUNG が治りました。

電源の設定を変更する

電源の設定を変更する事でCPUの暴走を抑制する方法です。
実際私もこの設定にしてからengineerrorを吐かなくなったのでCPU使用率が高くなる方は試したほうが良いです。
またCPU使用率を抑える事でCPUの寿命も延びるので是非実践してみてください。

  1. 左下のスタートを右クリックから電源オプション選択
  2. 電源とスリープの右側にある電源の追加設定を選択
  3. プラン設定の変更をクリック
  4. 詳細な電源設定の変更をクリック
  5. プロセッサの電源管理を選択し最大プロセッサの状態を選択し
    設定を100%から90%へ変更

タイトルとURLをコピーしました