FPSで疲れたときは一定期間休むべき【モチベーションが回復します】

FPS

FPSでモチベーションを失ってFPSが以前より面白くなくなった
そんな方のために今回は、FPSで疲れたときにモチベーションを回復する方法を解説していきます。
結論から言います。
「3日から1週間くらい休めばまたやりたくなる」
単純なことですがめちゃめちゃ効果があります。
それでは、休むことの大切さを解説していきます。

一定期間休む事の重大性

休む事というのはかなり大切で勉強や仕事をずっとやっていると間違いなく効率が下がりますよね。
FPSも同じでFPSをずっとやっていると効率が悪くなってくるんです
例えると
立ち回りが雑になっているのに立ち回りについて考えない
単純なやられ方ばかりしているのに改善しない
そう言った経験ありませんか?
こう言った場合FPS疲れをしている場合がほとんどです。
FPSで疲れて思考能力が低下し上達せず変な立ち回りが癖になってしまう事もあるので
FPSで疲れた場合は少し休む期間を作るといいでしょう。

FPS以外の趣味も見つかるかもしれない

FPSを休んでいる間にゲーム以外の趣味を見つけられるかもしれません
例えるならば
筋トレや読書などゲーム以外の趣味を作ることは重要だと思っており
理由として
1つの事に集中することは素晴らしいことですが
1つの事に飽きてしまった場合他にやることがなくなり
惰性でプレイしてしまいより面白くなく感じるのです
なのでFPSが疲れた場合いつもとは違うことにチャレンジすることをお勧めします。

逃げる事は自分を守るための手段

一般的に逃げる事は、日本ではよろしくない行動とされています
1つの事を頑張って耐えることが美学の様に伝わっていますが
逃げる事は恥ずかしい事なんかじゃないんです
逃げるという事は「自分自身を守るためにやっている行動なので」
本能的に逃げている事なので〇〇から逃げると考えるよりも
今はゲーム以外をするチャンスと考えると気が楽になると思います。

具体的には

具体的に休む期間として3日から1週間がベストだと思います
理由として
1日くらいだと短すぎてリフレッシュにならずあまり意味がありません
とはいえ長く休み過ぎるとエイムがなまる可能性があるので
短くて3日長くて1週間くらいがいいと思います。

まとめ

今回は、ゲームで疲れた場合一定期間休む事
休まないと惰性でプレイするようになり成長しなくなる。
また休む期間として3日から1週間くらいがちょうどいいかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました