PCを買ってキーボード操作に慣れない人向け絶対に操作が上手くなる方法を3ステップで紹介

FPS初心者向け

FPSするためにPCを買ったけど操作が難しくて萎えそう
早くPCの操作に慣れたい

そんな方のために今回は、PC初心者がFPSのキーボード操作になれるまでの必要なステップと
実際に私がキーボード操作に慣れたコツを紹介します。
今回紹介するコツを理解すると驚異的な速度でキーボード操作を使いこなすことができるので
是非最後まで見てください。

初級編:WASD&シフト&スペースに指を固定

FPSの基本で操作がわからず何から始めていいかわからない人はまずはWASDとシフト&スペースを押せるようになりましょう
WASDとシフト&スペースを押せるようになるとFPSなら最低限これだけで何とかなるので
まず一番最初に覚えるべき事としてWASDとシフト&スペースを押せるようになることです。

 


またWASDとシフト&スペースを押せるようになるコツとしてWASDとシフト&スペースに指を置いて
その位置で指を常に置いておくと移動に困らないし感覚的に他のキーも覚えやすいので
まずはWASDとシフト&スペースに指を固定しましょう。

 


またこの時点でコントロールキーも押せるようになると良いです。
この7つのキーが押せるようになるとFPSの基本的な動き
歩く、走る、しゃがむ
ができるので最低限の動きができます。

重要なボタンはマウスのサイドボタンに割り当てる

WASDとシフト&スペースだけでは正直足りないと思います
なので重要なスキルや良く使うキーだけはマウスのサイドボタンに割り当てるとよいでしょう。

 


ではマウスのサイドボタンに多く割り当てればいいのではないかと思うかもしれませんが
マウスのサイドボタンに多くの操作を割り当てることはあまりお勧めしません。

 


理由として
マウスというのは視点操作をするものでサイドボタンに割り当てると少しですがエイムがブレてしまいます
つまりエイムが悪くなる原因になりかねないので最初はマウスのサイドボタンに割り当てることで操作をスムーズにすることをおすすめしますが
最終的にはサイドボタンはあまり使わない事を目指してほしいです

中級編:QEを押せるようになる

WASDとシフト&スペースが押せるようになれば次はQEを押せるようになりましょう。
QEを押せるようになればもう大体のFPSなら操作に困ることは無いです。

 


QEを押すコツとしてAを押している指を上げるとQキーと覚えておくと感覚的に押すことができます。
大抵の人の場合Aキーは薬指、Dキーは人差し指で押していると思います。
なので薬指をあげるとQ人差し指を上げるとEと覚えておいてください。

 


またQEを押す際はWキーに触れている状態で押すと安定するのでWキーを支点にWASD周辺のキーを押すことを意識すると
スムーズにキーが押せるようになります。

上級編:WASD周辺のキーを押す

QEを押すコツがわかるとWASDの周りのキーが全て押せるようになります。
これが出来ると操作に困ることがなくなるでしょう。

 


ではどうすればいいのか?実際にする事はシンプルで
QEを押す事と同じ要領で例えばFを押したいのであればDキーを押している人差し指を右に移動する。
Bキーを押したいのであればスペースを押している親指を移動させる
など指の動きの感覚を覚えることができるとWASD&シフト&スペースの周りのキーが全て使えるようになるので
指をどの程度動かせば、どの程度指を伸ばせばキーが押せるという感覚を覚えると一気に押せるキーの種類が増えると思います。

 


またQEも同じことを言いましたがWキーを支点に他のキーを押すようにするとスムーズにキーが押せるのでWキーからはなるべく指を放さない事をおすすめします。

初心者が操作を覚えるためのステップ

step①WASDとシフト&スペースをまずは覚える
step②QEを押せるようになる
step③WASD周りのキーを押せるようになる

タイトルとURLをコピーしました