FPS性格をやっていると性格が悪くなる⁉性格が悪いフレンドの対処法

FPS

FPSやってると性格が悪くなるの?

そういった疑問に対してFPS歴8年の私がFPSと性格が悪くなるという問題を解説していきます。

 


私もFPSをやっていて性格が悪くなっているなと感じ自分の態度を改め少しマシになりました
そして何故FPSをやっていると性格が悪くなるなるのかがなんとなく分かったので
今回は私の体験をもとにFPSと性格の関係性を考察していきます。

 


結論から言います
「FPSをやっているからと言って性格が悪くなるわけではありません」

 


「FPS=性格が悪い」のようなイメージを持っている方も多いと思います。
ですが実際にはそうではなくFPSをやっていると性格が悪くなるというのは関係ありません
なのでその理由を解説していくので是非最後まで見てください。

「勝負」をしているので皆必死

FPSというのは勝負の連続です。試合全体の勝敗や撃ち合いなどで勝敗がついてしまい
ランクマッチなどでは特に勝敗が重要になってきます。

 


そのなかで勝利を勝ち取るにはエイム力や立ち回り、集中力などの能力が高い方が勝つと言えるでしょう。

 


なので自分の言動や態度に気を遣う余裕がない場合が多く1~2試合なら言動や態度を気を遣うことができますが
長くやっているとボロが出てきて自分の本心が現れてしまいその人本来の性格が露呈してしまうので
「FPS=性格が悪い」というイメージが付いているのだと感じます。

なぜFPSをやっている人は性格が悪いと感じるのか

私の経験上FPSというのは勝負の連続で勝負に勝てれば良いですが
勝負に負けてしまった場合、考えて対策し練習しないといけません
ですが多くの人が考える事、練習する事はダルくて面倒なことから目を背けたいというのが本心でしょう。

 


この記事を読んでいるあなたもそうではありませんか?
面倒なことから目を背け「カンタン」「○○するだけ」そんな言葉にばかり惹かれてしまっていませんか?

 


FPSも同じで自分のミスや能力の無さを認めずカンタンに責任転嫁する方法があります。
それが「味方のせいにする事」です。

 


自分の能力の無さを味方のせいにするだけで気が楽になり長い時間プレイを続けられるんです。
実際に味方を責めるのは楽で自分のミスを一切なかったことにできるがその分性格が歪んでしまう人も居るでしょう。

FPSは、本音が出やすいジャンル

FPSが勝負の連続で上手くなるためには練習をする必要があり
人によっては自分は悪くないと練習から逃げ人のせいにしたりする人も居れば
黙々と練習し動画などを見てや自己研鑽する人も居ます。

 


そしてこの2パターンの違いはいったい何なのか?
それは「本心」だと私は感じます。

 


つまり勝負に負け自分の限界を感覚的に理解してしまった人は次にどういった行動に出るかが
今回のテーマである「FPSと性格」に直結すると感じます。

 


つまり最初は誰もが自分の理想やどう見られるかを気にしていますが
FPSで追い込まれ限界を知り逃げるか立ち向かうかで性格の良し悪し(本来の性格)が出てくるのではないでしょうか?
つまり隠していてもどこかで本音が出てきてしまうという事です。

性格の良い人と悪い人の違い

FPSで性格が良い人悪い人がおり性格が悪いと一緒にプレイしたくなりませんし楽しくないですよね
なので性格が悪い人と良い人の特性をカンタンに解説していきます。

性格が悪い人

・他人のせいにする
・すぐに揚げ足を取ろうとする
・自分は悪くないと思ってしまう

性格が良い人 ・日常的に他人を許せる人
・他人に興味がない人
・ありがとうが言える人

性格が悪いフレンドと遊ばなければいけなくなったときの対処法

FPSをやっているとどうしても苦手なフレンドとやらなければいけない場面があると思います。
そのフレンドが性格が良くない場合一緒にプレイする事がストレスになるでしょう。
なので性格が悪いフレンドとやらなければいけないくなったときの対処法を紹介します。

距離を取る

性格が悪いフレンドと遊ばなければいけない時の対処法として最も効果的なのが距離を取ることです。

 


一緒にプレイしないといけないのに距離を取るの?と思う方もいらっしゃると思うので
言い換えると一緒にプレイする頻度を減らす事です。

 


一緒にプレイする頻度を減らすことで相手との距離が離れ
相手もあまり言えない様な距離感を作る事で自分に対するストレスを少なくすることが目的です。
とはいえ距離を取ることができない方もいらっしゃると思うのでそういった方は、他に対処法を紹介するので最後まで見て下さい。

本音を言う

性格が悪いフレンドがなにかと言ってくるようであればこちらも言い返しましょう。
人間関係において黙っていても何も変わりません

 


自分が我慢するか思っている事を伝えて状況を変化させるしか選択肢がないんです。
なので本当にストレスでつらい場合は相手との関係が悪化したとしても自分の本音を伝え
変化させることが重要なので自分の思っている事を伝え関係性を変化させましょう。

我慢する

性格が悪いフレンドと距離を取ることも本音を言う事も無理だと言う方は我慢するしかありません。

 


とはいえただ我慢するだけでは精神的にきついと思うので
我慢するコツとして性格が悪いフレンドの言っている事は何も気に留めないようにしましょう。

 


例えば
「○○(あなた)が悪かった」と言われても内心「こいついっつも言ってんな」くらいの気持ちでスルーして
心に留めないことが重要です。

自分が性格が悪いと感じるときの対処法

相手に謝る

相手に良くない事を言ってしまったなと後悔した経験ありませんか?
そういった場合の対処法として素直に謝ることが一番です。

 


とはいえ謝ると言っても割とハードルが高いと思うので
日を改めて話題を「人間性」や「性格」に誘導して「自分も未熟な部分があるから」と
なんとなく謝ることをおすすめします。

常に自分のミスを探し他人には求めない

自分のミスを他人のせいにしてしまうと上達しないし他人まで嫌な気持ちにさせてしまう可能性があります。
なので自分のミスを常に探し自分にできる事を常に探すことで他人のミスを探す暇を無くしましょう。

 


これが出来ると味方のせいにしなくなり自分のミスを見つけれるのでFPSが上手くなり
良いことだらけなので常に自分のミスを探し他人には求めないことを意識しましょう。

FPSをやっているからと言って性格が悪くなることは無い

FPSが原因で性格が悪くなることはありませんが元々の人間性が現れてしまいやすいジャンルなので
自分自身「あの発言良くなかったな」と自覚できている場合は素直に謝りましょう。
またフレンドが性格が悪いなと感じる場合は注意してあげる事また「優しさ」なので
自分のためにもフレンドのためにも注意してあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました