FPS目が疲れないためする3つの方法

上達論

FPSをやっていて試合中に目が疲れる
ゲームが終わったら目が疲れが一気に来る
そんな経験ありませんか?
私も今から紹介する方法をしていない時は、FPSをやっていて目に疲れが溜まって
目薬を結構使っていましたがある方法をする事で目が疲れにくくなりました。

モニターの角度

皆さんは、モニターの角度角度って気にしたことありますか?
実はモニターの角度ってFPSをやる上で結構重要なんです。
モニターの角度が合ってないと目が疲れやすくなります
理由として
目が疲れる要因の一つとして目が常に緊張状態なことがあります
一度試してほしいのですが目線を真っすぐ見るのと
真っすぐより少し下に目線を落とすのは、どちらが楽ですか?
基本的に目線を少し落とした方が楽だと思います。

なので目線を少し落として目をリラックスした状態でFPSをすることで目を疲れにくくできるんです。
またモニターの角度として自分に合った角度を探すのが良いと思いますが
モニターの角度を変えたことがない人は、基準が分からないと思うので
自分の今のモニターの角度として70度くらいの角度でやっていますが
目が疲れると言った事は無くなりました。
またモニターの角度変える方法としてモニターアームを付けることをお勧めします
モニターにデフォルトで角度調整機能が付いたモニターもありますが
普通に高いのでモニターアームは、買って損しないと思います。(デスクも広くなるし)

モニターとの距離

目を疲れさせないためにモニターの距離を遠くしている人も居るんじゃないでしょうか?
結論から言うと
「離し過ぎても逆に疲れる」
理由として
FPSでは、マップや弾数の視覚情報がありますが
必要なのは敵を画面の中心に捕らえる能力です
なのでモニターから遠くなると余計な情報が入りすぎて
敵を探す事が難しくなり余計な集中力が必要になってきます
なのでモニターとの距離は30cm~50cmくらいがちょうどいいでしょう。

モニターの明るさ、発色を抑えるのは、視認性を犠牲にする

目が疲れる事の原因としてモニターが明るい、発色が良いことにあります
この対処法は簡単で単純にモニター明るさ、発色を下げるか
ゲーム内の明るさを下げればいいだけなんですが
FPSをやっていると暗い所に敵がいると明るさを上げないと見分けがつかなくなり
負ける可能性が上がるので明るさを下げる場合は、
目の疲れを犠牲にして視認性を上げるか
目を疲れにくくするために明るさを抑えるかを選ぶ必要があります。

まとめ

目を疲れにくくする方法として
目線を少し下げる、モニターとの距離を適正にする、明るさを抑える
3つを紹介しましたが、自分が一番効果があると思うのは、
モニターの角度を変えることが1番効果があると思います。
また他の方法も目を疲れにくくなるので是非試してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました